葉酸サプリ

妊婦さんが選んだ
おすすめ葉酸サプリランキング






妊娠前・妊娠中の葉酸摂取で胎児の障害を回避できる!

近年、諸外国での研究結果から、妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで、胎児におこりうる障害のひとつである胎児神経管閉鎖障害の発症リスクを大幅に軽減できることが明らかになりました。

胎児神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害は、人間として重要である脳や脊髄が形成される妊娠4週~5週に起こる先天性異常のひとつです。
下半身の運動障害や直腸機能の低下が起こる「二分脊椎」や頭部が形成されない「無脳症」がこれに該当します。
無脳症の場合は出産することさえ不可能となり人工中絶で堕胎するケースが多いようです。


アメリカやヨーロッパなど先進国では妊娠前~妊娠初期の妊婦が葉酸を十分に摂取することで、これらの障害リスクが70%軽減されるという研究結果が発表されています。





葉酸の含まれている食品は多く、果物や野菜、レバー、豆類などが挙げられます。

葉酸を多く含む食品

肉類: 鶏レバー、牛レバー、豚レバーetc
野菜類: ほうれん草、春菊、かぼちゃ、ブロッコリーetc
果物類: 苺、みかん、グレープフルーツ、マンゴーetc


こう見ると、一見葉酸を摂るのはそう難しくないように感じますが、実は大きな落とし穴が!
まず野菜や果物。これらは食べるときに洗ったり、火を通したりしますよね。

 

実は葉酸は水溶性で水や熱に弱く、洗ったり火を通すことで、本来その野菜や果物に含まれている葉酸が溶け出し、食べた分よりもかなり少ない割合でしか摂取できていないのです。


また、レバーは特に葉酸が多く含まれる食品ですが、レバーにはビタミンAも多く含まれるため今度がビタミンAの過剰摂取が心配されます。

こうした食品からの葉酸吸収率が50%なのに対し、吸収率が75%とされているのがサプリメントからの摂取。

食事を偏らせることもなく手軽に摂取でき、食品からでは足りない分の葉酸を十分に摂取できるので、特に妊娠中や妊娠準備期間中の女性にはぜひ活用してもらいたいものです。





妊娠前、妊娠中の葉酸摂取に活用できる「葉酸サプリ」
最近では美容や健康の為にも葉酸サプリを愛用する女性が増えていて、葉酸サプリの種類も多種多様。

では、どのような条件で葉酸サプリを選べばよいのでしょうか。 ポイントは大きく3つ!

葉酸の含有量が高い

せっかくサプリを愛飲しても、そのサプリに含まれている葉酸が少なければ全く意味がありません
サプリのメリットは飲むだけで十分な葉酸を摂取できること。400μg以上のものを選びましょう。

ビタミンも同時に摂れる

葉酸はビタミンB6、B12、ビタミンCと一緒に摂ることでその効果を発揮します。
さらにビタミンとの摂取で造血が促進され貧血予防にも。ビタミンB群、ビタミンCと一緒に摂れるサプリメントが理想的です。

天然素材で安心

妊娠時期はとくに口にするものには神経を使いますよね。中でも、合成着色料や保存料といった添加物はお腹の赤ちゃんにいい影響を与えません。
サプリメントも100%天然成分で作られているものを選べば安心です。



妊婦さんが選んだ
おすすめ葉酸サプリランキング






葉酸サプリ おすすめ 葉酸サプリ ランキング